ハルnikki_

(23歳・女性・無職)

就職活動報告②

 

①のつづきです。

参考:就職活動報告① - ハルnikki_

 

_

◎就活ノートのすすめ

 

就職活動中、毎日持ち歩いていたのが自作の「就活ノート」です。ワタシにとっては絶対必要なものでした。

 

▽連れまわし過ぎてボロボロです。

f:id:soconau:20170803161603j:plain

最初のページはジブンの学歴・職歴、資格を取得した年月日がまとめてあります。履歴書を書くときはここを見ながら書いてました。

 

「応募企業」― 求人に応募した企業名を書き出して、選考状況を一目で把握できるように表にしてあります。

 

「面接」  ― 自己分析や面接対策に使うページ。前半は過去を振り返り、軽く自己分析。ハナシのネタになるようなことを整理してあります。

▽これは自己分析のページ。ジブンの人生でターニングポイントになった出来事や考えに影響を与えた経験をざっくり書き出してあります。このページをみると適性や仕事選びの軸、自分の価値観や強み・弱みがなんとなく見えてきたりします。真ん中より上はプラスになったこと、下がマイナスだったことです。字が汚いのはご愛嬌。

 

f:id:soconau:20170803161623j:plain

後半は、面接で聞かれる定番の質問(自己PR、長所・短所、人からどんな人だと言われるか…)や前職について(職務内容、退職理由、仕事での成果や失敗したこと…)についてまとめてあります。実際の面接で突っ込まれた内容や上手く答えられなかったことはここにどんどん書き加えて修正し、何度も振り返って内容を固めました。

 

「企業研究」― その名の通り、企業や業界についてまとめてあります。内容としては、会社概要や事業内容、取扱い商品、同業他社とのちがい、業界動向、求人に載っている雇用条件や具体的な仕事内容。そこから志望動機を書き出し、ジブンの能力がこの会社ではどのように活かせそうかなどを書き出してあります。ホームページ等にキーワードになりそうな言葉があれば拾って調べたりもしました。面接前はほぼこのページを眺めてました。

 

「記録」  ― ひとつの試験が終わるごとに、試験の内容(筆記試験形式、作文の題目、面接で聞かれたこと、面接官の人数)や所感(雰囲気、手応え、上手く答えられなかったこと、対策不足だったこと...)を記録してました。これを見ながら「面接」のページを見返し、次の面接に向けて対策を練りました。

 

最後の方のページには、筆記試験対策として一般教養の参考書に出てくる公式がちょこちょこ書いてあります。筆記試験当日も基本的には参考書を持ち歩かずこのノート頼りでした(参考書は重いので)。

 

 

就職活動をしていると、突然行き詰ってどんな仕事がしたいのかわからなくなるときがあります。ワタシはしょっちゅうありました。そんなときは、「仕事選びの軸」や「譲れない条件」に戻って、仕事をしてる(してた頃の)ジブンをイメージするようにしてました。やっぱり少しでも興味のある業界がいい。ノルマがあるのはイヤ。キャリアアップがしたい。前職より公休を増やしたい。住宅手当がほしい。………こういう風にどんどん小さな条件付けをしていって、軸はブレないようにしていく。これが簡単なようで、優柔不断なワタシにとってはとってもむずかしかったです。

 

 

③につづきます。

 

就職活動報告①

 

このブログを見ているほとんどのひとが、たぶんワタシのツイッターのリンクから飛んできているものだとおもわれます。前の会社を辞めると決めたのと同じくらいにツイッターのアカウントを開設し、おなじような境遇のひとをフォローし、就職活動している/していたひとからヒントをもらったり、勝手に励まされたりしてました。とても便利な時代ですね。この記事が誰かの役に立つかはわからないけれども、ワタシがやってきたことをいくつかの記事に渡って書くことにします。

 

_

◎仕事探しについて

 

エージェントやハローワークは、上手く活用すればかなり強い味方になるとおもうし、ワタシの友人は3社のエージェントについてもらってガッツリやってました。とにかくすぐに仕事を見つけたいひとは積極的に利用してみるのもよいかとおもいます。

 

ワタシは次の仕事へのこだわりが強く、納得いくまでじっくり探そうと考えていたので、エージェント等は利用せずにジブンのペースで仕事探しを進めました。主なやり方は次の通りです。

①転職サイトを漁ってよさそうだとおもった求人をとりあえず「気になるリスト」に追加→あとで吟味してエントリーするかを決める。

②インターネットからハローワークや民間事業者等の求人(なるべく新着のもの)を探す→気になったらその会社のホームページの採用ページへと飛び、そこから応募書類を送り選考に進む。

 

①は比較的はやく選考が進んでいきます。この方法で内定をひとつ獲得しましたが、エントリーしてからあっという間に選考が進んでいきましたし、内定後もできれば来週から来てください、みたいな感じでした。そりゃそうです、企業側が即戦力を求めている証拠です。「第二新卒歓迎」「未経験者歓迎」等と書かれていても、書類選考(Web履歴書)で不採用となるケースがほとんどで、早期離職しているというリスクを感じざるを得ませんでした。あと、これは個人的な意見ですが、エントリーのタイミングもあるのかなとおもいます。求人掲載期間が残り少ないときにエントリーしても、すでに他の人に決まっている可能性があったりするのかな~とかおもったりしました。ちなみに転職サイトは4つ登録していましたが、よく利用していたのはエン転職です。サイトが見やすくて、一番探しやすいと感じました。

 

②に関しては、比較的大きな組織や公に近い組織だとこのやり方が通用します。毎年新卒を中心に採用活動を行っているある程度大きいところだと、ホームページにも必ず採用情報が掲載されます。大学生のときの就活の方法とほぼ同じルートを辿り、書類選考→筆記試験→面接試験と順序を踏んでいきます。とにかくひとつひとつの選考に時間がかかるので、いますぐに仕事を決めたいというひとには不向きだとおもいます。入社の時期も、「新年度4月1日採用(既卒者は要相談)」みたいな書き方だったりします。ちなみにワタシはほとんどこの方法をとっていましたが、試験会場にいる周りのほとんどは新卒の子たちでした。とはいえ募集要項の基準さえクリアしていれば、中途であっても新卒と同じ公平な扱いを受けることができます。第二新卒にとってはとてもありがたい採用形式です。筆記試験がある場合はそこでかなりの数が絞られたりするので、一般常識等の勉強はしておいたほうがよいかとおもいます。あと余談ですが、応募書類を送るための封筒や切手、書類を入れるためのクリアファイル、中には返信用封筒を同封するよう指定される場合もあるので、結構お金と手間がかかります。

 

ジブンで就活を進めていくことのデメリットは、良い/悪いの基準がすべて自己評価だけになってしまうところです。 例えば職務経歴書。ここにすごく時間をかけろと書いてあるインターネットのサイトを見かけたことがありますが、ワタシはものの数時間で作りましたし、その後一度も訂正することはありませんでした。ネットを参考にありきたりな内容を書いただけで、内容を誰にも評価してもらえません。今もこれが果たして良いものなのかわかっていません。あと、ひとりでやるということは、当然甘えが出てきます。今日は気分が乗らないな~とおもうとなにもできずに一日を無駄にしてしまうこともありました。ワタシは家でじっと机に向かうことができないタイプなので、なるべく家の近くのカフェに行って履歴書を書いたり一般常識の勉強をしたりしました。

 

②に続きます

無職終了のお知らせ

 

 

結果を諦めかけていた会社から内定通知が届いた。最近、こんなに嬉しかったことってあっただろうか。

 

すでに内定をもらっており、保留となっていた企業(参考:寝苦しい日々 - ハルnikki_)への返事の期限が近付いており、このまま結果を待つか返事をするか悩みに悩んでいた矢先であった。辞退させていただいた企業の人事の方には最後まで気持ちよく対応していただいた。とても良い会社だとおもった。

大学時代にずっとやりたいとおもっていたこと、社会に出てからもずっと興味のあったことが、ようやく仕事にできる。不安と恐怖でいっぱい、高い倍率の中、ジブンの熱意が伝わったのだから大丈夫。と、おもいたい。

 

 

GD初体験

 

学生の頃避けて通ってた集団討論(グループディスカッション/GD)を受けた。

友人や先輩からの情報によると、「まとめたもん勝ち」「的外れな意見言うくらいなら黙って他の人の意見を聞いてたほうがいい」「司会や書記、発表者をやっても受かるとは限らない」「仕切る人によっては論点がズレて大変なことになる」とのこと......。恐怖!

本番。題材が発表されて、各自意見をまとめる。司会を決める。自由討論。まとめ。発表。マニュアル通り、事前の詮索通りの一般的な流れ。その中でワタシは、大した発言もせず、ただ必死に参加しているフリをしているだけでおわった。

GD、初対面のひととの話し合いのなかで順位をつけられ、受かる/落ちるのふるいにかけられる対象とされているともなると、一生勝てる気がしない。場慣れしている、回数をこなしている、ということはプラスになるのだろうか。ただ単に性格の問題な気がした。

選考試験として受けたのは初めてだが、大学のゼミや社会人になってからの研修ではよくやらされがちなGD。よくできたもので、いつどこでやっても、必ず同じグループの中には司会を買って出るひとがいる。

 

_

 

【現在の就職活動状況】

・選考試験の予定あり   ― 3社

・結果待ち        ― 1社

・応募予定(検討中)   ― 2社

・選考終了(うち内定)  ― 4社(1社)

 

書類選考でお祈りをくらうことが多い。一年という社会人経験は、社会からすると新卒に毛が生えたようなもので、次に活かせるスキルはほとんど皆無。しかも新卒ほどのフレッシュさもない。中途半端に疲れている。負けないで続けていけば良いのだろうか、しかし無職の期間が長くなるほどに社会からの目は冷たくなっていく気がする。

 

 

無職のタワゴト

 

大学時代は専攻分野に対する情熱があって、人一倍勉強した。常に業界へのアンテナも張っていたし、資格もとった。しかし、いざ進路を決める際に自信をなくして、まったく違う業界への就職を決めた。仕事として携わっていくと考えたときに怯んでしまったのだ。そして当時は、新卒じゃなくても、いつかまた挑戦すればよいとおもったのである。

いま、その業界を中心に就職活動をしている。いろいろおもうことはあるが、やっぱり挑戦してみたいと言う気持ちも強くて、でもやっぱりこわい気もして、大学時代にお世話になった先生に連絡をとった。先生には、読んでおくと良いという書籍を何冊か紹介してもらった。「納得がいくまでがんばってください」といわれた。

環境を変えたくて仕事を辞めたわけだが、結果的に、この休養期間は自分自身と向き合う大切な時間になっている。仕事をしているときには見えてこなかった気持ちや、どうにもできなかった環境。将来への不安。ジブンに甘くて、一日を無駄にしてしまうこともあるのだが、焦らずにいまできることを。がんばろう。

 

_

 

【現在の就職活動状況】

・選考試験の予定あり   ― 2社

・結果待ち        ― 3社

・応募予定(検討中)   ― 0社

・選考終了(うち内定)  ― 3社(1社)

 

どんどん次を探していかないといけないのだが、業界的に求人がうんと少ない。

 

 

寝苦しい日々

 

ニート生活一か月が経過し、ようやく内定が出た。それも国内トップシェアを誇る業界最大手。文句なしの待遇。しかし気になるのが勤務地と業界。

①勤務地:前の職場が家から徒歩20分だったため、通勤時間に片道1時間半をかけるというのが不安要素である。前職での経験で家から近すぎる職場というものも考え物だとはおもっていたが、往復3時間の壁があまりにも大きすぎるのである。ちなみに今のところ引っ越しは考えていない。

②業界:学生時代に取得した専門職の資格を活かしてみたいという気持ちがある。次に生かせるキャリアを積みたい。揺れる気持ち。

 

_

 

【現在の就職活動状況】

・選考試験の予定あり   ― 2社

・結果待ち        ― 2社

・応募予定(検討中)   ― 1社

・選考終了(うち内定)  ― 3社(1社)

 

 

無職生活一か月目が終わる

 

面接、事前課題レポートの作成、筆記試験、応募書類の送付、、やらなければならないことは一気に押し寄せてくるから困る。やらなければならないことを先延ばしにしているジブンが悪いのだが。

先日、学生の頃のバイト先に顔を出してきた。当時とてもお世話になっていたパートのおじさんは辞めてしまっていたけれど、高校生の新人だった女の子①は働いていて驚いた。女の子②は社員になっていてさらに驚いた。みんな元気そうでなにより。

そうこうしているうちに無職生活一か月目が終わる。はやい。なにもできていなくてびっくりする。

 

_

 

【現在の就職活動状況】

・選考試験の予定あり ― 2社

・結果待ち      ― 2社

・応募予定(検討中) ― 2社

・お祈り       ― 2社 ←NEW!