ハルnikki_

(23歳・女性・無職)

ワタシについて

新卒で入った会社を退職することになった。在籍期間1年とちょっと。まだ手続きは済んでいないけれど、近い将来無職になることが確定したので、記念にブログをはじめることにした。

さて、ここで簡単な自己紹介も含めて、じぶん自身のことをまとめてみることにする。

 

___ハル

23歳。関東在住。一人暮らし。大学卒業後、大手企業の子会社に事務職として就職。

 

___仕事

事務職といえど、各自に営業目標が与えられており、ノルマをこなすために営業活動もおこなっていた。営業活動はつらかったが、同期のなかでは断トツで売り上げをあげていた。これは唯一の誇りでもあったし、それが大きなプレッシャーでもあった。もともと事務職に就きたいと考えていただけあって、伝票処理や細かい事務的な作業はぜんぜん苦ではなかった。もっとできるようになりたいとおもっていた。仕事は一生懸命やったとおもう。

 

___職場

離職率の高い職場で、ワタシが在籍していた1年と数か月の間にもかなりの数のひとが退職していった。休みが少ない。給料が少ない。ノルマが多い。閉鎖された職場で、一度人間関係がこじれると逃げ場がない。

 

___職場2

同じ職場の方々にはありがたいことにとてもかわいがってもらっていた。よく飲みに連れて行ってもらった。仕事はきつかったが、あまりにもかわいがっていただいたので、なかなか会社を辞める踏ん切りがつかなかった。

 

___退職

年明けくらいから、常に眠い日々が続いた。仕事中も眠くてたまらなかったし、家に帰ると深夜まで起きない。休日は夕方まで布団から出られない。眠くてだるくて、いくら寝ても疲れがとれない。そして診断されたのが、「軽いうつ状態」。思い当たる理由はいろいろあるけれど、1か月の休養ののち、退職という決断に踏み切った。

 

___now

働く意欲はある。パソコンとにらめっこしながら第2新卒の求人を貪る日々。働かなきゃ、とおもうとつらいので、働くのが当たり前、という概念を一度取り払わなければならない。気の向くままに求人を探したり、ランニングをしたり、料理をしたり、出かけたりできたらよいとおもう。まあなんとかなるっしょ。