ハルnikki_

(23歳・女性・無職)

無職のタワゴト

 

大学時代は専攻分野に対する情熱があって、人一倍勉強した。常に業界へのアンテナも張っていたし、資格もとった。しかし、いざ進路を決める際に自信をなくして、まったく違う業界への就職を決めた。仕事として携わっていくと考えたときに怯んでしまったのだ。そして当時は、新卒じゃなくても、いつかまた挑戦すればよいとおもったのである。

いま、その業界を中心に就職活動をしている。いろいろおもうことはあるが、やっぱり挑戦してみたいと言う気持ちも強くて、でもやっぱりこわい気もして、大学時代にお世話になった先生に連絡をとった。先生には、読んでおくと良いという書籍を何冊か紹介してもらった。「納得がいくまでがんばってください」といわれた。

環境を変えたくて仕事を辞めたわけだが、結果的に、この休養期間は自分自身と向き合う大切な時間になっている。仕事をしているときには見えてこなかった気持ちや、どうにもできなかった環境。将来への不安。ジブンに甘くて、一日を無駄にしてしまうこともあるのだが、焦らずにいまできることを。がんばろう。

 

_

 

【現在の就職活動状況】

・選考試験の予定あり   ― 2社

・結果待ち        ― 3社

・応募予定(検討中)   ― 0社

・選考終了(うち内定)  ― 3社(1社)

 

どんどん次を探していかないといけないのだが、業界的に求人がうんと少ない。